トップ > あがり症の薬 > あがり症に効果のある薬物療法

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法【限定70名様 極秘DVDセミナー付き】

あがり症に効果のある薬物療法

あがり症に効果のある薬物療法


会議やプレゼンなどが急に決まって人前で話す機会がすぐにある場合などは、じっくりと時間を掛けてあがり症を治療しているわけには行きません。

そこであがり症の予防対策として薬物による治療方法があります。

そのあがり症の治療に使用される薬剤とは、抗不安薬、βブロッカー、SSRIの3種類があげられます。

効能としては抗不安薬は不安・緊張を和らげる。
βブロッカーは動悸・震えを抑える。
SSRIは気持ちを明るく楽にする働きがあります。

服用後に即効性があるのは抗不安薬、βブロッカーですぐ効きます。

SSRIはその人や症状によって違いますが、毎日飲み続けると、10日?数週間で効いてきます。

例えば、会議やプレゼンなど人前での緊張で声や手が震えるが、他の日常生活には問題がない場合などは、抗不安薬+βブロッカーを、その当日一回服用すれば十分に効きます。

SSRIの場合は、同じあがり症でも毎日他人と話すのが苦痛とか、電車に乗るだけでも緊張してしまい外出も不安、などという場合は適しています。


会議やプレゼンなどが急に決まって人前で話す機会がすぐにある場合などは、じっくりと時間を掛けてあがり症を治療しているわけには行きません。

そこであがり症の予防対策として薬物による治療方法があります。

そのあがり症の治療に使用される薬剤とは、抗不安薬、βブロッカー、SSRIの3種類があげられます。

効能としては抗不安薬は不安・緊張を和らげる。
βブロッカーは動悸・震えを抑える。
SSRIは気持ちを明るく楽にする働きがあります。

服用後に即効性があるのは抗不安薬、βブロッカーですぐ効きます。

SSRIはその人や症状によって違いますが、毎日飲み続けると、10日?数週間で効いてきます。

例えば、会議やプレゼンなど人前での緊張で声や手が震えるが、他の日常生活には問題がない場合などは、抗不安薬+βブロッカーを、その当日一回服用すれば十分に効きます。

SSRIの場合は、同じあがり症でも毎日他人と話すのが苦痛とか、電車に乗るだけでも緊張してしまい外出も不安、などという場合は適しています。


薬物治療に不安を感じる方は


克服法の詳細はこちら

をどうぞ

この記事のカテゴリーは「あがり症の薬」です。
関連記事

デパスであがり症克服

あがり症の薬 デパス デパスという薬があがり症に効くのではとの疑問から調べてみま...

あがり症に効果のある薬物療法

あがり症に効果のある薬物療法 会議やプレゼンなどが急に決まって人前で話す機会...

あがり症の薬『インデラル』

あがり症の薬 『インデラル』 あがり症の薬として『インデラル』という薬を処方する...

あがり症の薬『セルシン』

『セルシン』であがり症対策 あがり症の薬としてよく耳にするセルシンという薬が あ...

あがり症は薬で治る?

あがり症に効く薬の種類は もともとあがり症で悩んでいる人が、周りの人に自分はあが...